大脳溶解ぺドフィリア

ムシキングのカード評価、ムシキングに関する個人的な考えなど。ヒヨコちゃんかわいい。Mtgのモダン始めます。ジャンドのパーツあったら教えてください。

世界最大のカブトムシ、虫の王となるには

おひさ

まあいろいろあって遅くなってしまった。

さて今回は新たな性能を手に入れようやく真面目に運用できるようになったヘルクレスオオカブトについて再び記事を書いていきたい。

f:id:ganontan:20170318231915p:imageすっげえかっこいいデザインだな!!

前のヘルクレスの体力とテクニックが入れ替わり、お助け枠にグーが一つついた。

最初からヘルクレスを使い続けた身から言わせてもらうと、

大躍進である。

ヘルクレスの高パワーを維持しつつ、体力も100。必殺技のモーションも静かに動く王の威厳を持ち格好いい。

比較対象は散々辛酸を舐めさせられ続けてきたコーカサスとサタン。コーカサスよりも体力が高いので、相互互換レベルだろう。となると競争相手となるのはサタン。正直赤目よりも通常の激闘サタンとの差別化に苦労すると思われる。高い攻撃と少なくともサタンたちよりは高いテクニックをいかに活かしていくかが重要になる。

体力と攻撃を極端に上げられる激闘アレクサンドラとの相性が良く、サタンとの差別化に必要になってくるだろう。

 

ぼくは、ゴライアスorメダマ(ぼくはメダマ)より先に激闘アレクをスキャンし、バックを重視した型が最もヘルクレスとしての持ち味を活かせるデッキと思っている。

もちろん、ゴライアスorメダマとコノハムシ、オオカマキリの基本に忠実な型も充分強いはずだ。

 

総評

 

さんざん言われてたヘルクレス、2年くらいの時を経てようやく使用者の期待に応えてくれる形となって再登場してくれた。うれしい・・・・ウレシ亻……