昼も夜もコッペパン

日代子ちゃんすここっここここ Mtgのスタン、モダン、EDHなど 好きな色はゴルガリです。意見くれると参考になります。コメントくれると励みになります

マジックのドラフトしてた時の話 〜ムシキングの幼女に興奮してる奴の独断と偏見

久しぶりに書く記事がクソ記事で申し訳ない。

これは気のしれたフォロワーの家でマジックのラヴニカの献身ドラフトをしていた時の話である。ハイドロイドが出てきてしまい負けられない戦いになった中、無事1戦目に勝利した試合間の休憩時間、サイドボードを戻していた時の事である。

突然ぼくの対戦相手(SNSでの繋がりは皆無)がYouTubeを見ながらぼくに対してこんなことを言い出したのだ。

ムシキングの幼女で興奮してる奴頭おかしいwww」

 

 

さて、ブログ名やアイコンから察せる人もいるのではないだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

ぼくはそのムシキングの幼女で興奮してる奴なのである。

青天の霹靂。唐突に頭おかしいと言われては頭の中は雷に撃たれたように真っ白。その後に浮かぶ言葉はメンチャポヌミョモモマルェ。怒りや悲しみでもなくもはや無である。そのまま10秒は脳みそが停止してしまった。

 

最近ではあまり口に出して言うこともツイートをすることも減ってきたがぼくは日代子ちゃん(字あってるよね?)が好きなのである。ぼくよりも好きな人間なぞ綺麗に描いてくれる公式絵師さんや声でそれを色付けてくれるCVの人くらいだと思っているくらいである。自意識過剰にも程があるよね。

ムシキングに関しては最初のやべえ時からやっている。どんな時も彼女の顔が忘れられない。人生に立ちはだかる苦難を共に乗り越えたい。彼女の存在がもはや生活の一部(略)

なにか言おうと思ったがここはオフの場、怒り散らしても仕方がない。

何より彼がお金も落とさずに甘い蜜を啜りコンテンツを食い荒らすイナゴや同人ゴロが嫌いなのかもしれない。気持ちはわかるしわかる。なお彼もまたオキシを使いこなすくらいには新ムシキングをそこそこにやっていた。

 

ぼくはそんな一筋の希望にかけて彼にこんな事を言ってみたのだ。

「ぼくもそのムシキングの幼女で興奮してる奴なんだけど」そういい画像フォルダの日代子ちゃんのリストをスっと見せる。リストでなくてもぼくの画像フォルダは日代子ちゃんでいっぱいである。持ち運べる天国

 

 

 

 

 

 

 

 

…………

 

 

 

 

 

 

 

彼はこう言った。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちゃんwwwwwwwww」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あまりにも角度の違う攻め方と謎の新キャラ登場に笑いがこみ上げてきた。

繰り返し言うが彼はムシキングをそこそこにしていた身なのである。

そんな彼の口からちゃんという新キャラが登場した。怒りの感情よりも先にただひたすらに笑いが先駆してきた。これを笑わずしてどうしろというのか。後々の試合に影響が出るレベルで笑った。

キャラ名を間違えるのはこういうオタクにとってあまりにも罪深い発言だが紛らわしすぎてもはや面白さが先行してきたのである。実際今でも思い出しては笑っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、ムシキングの幼女に興奮してる奴についての話に戻るが、ぼく自身はそれを悪い事だとは考えていない。

そらそうでしょ。ぼくもそうなんだしそうならない方がおかしいでしょ。

問題はろくにプレイもせずに先入観、謎解釈でキャラクターの性格や特徴もろくに知らない状態で性の対象にし、キャラクターの印象すら改変してまで知名度、自己顕示欲、承認欲求を満たしあわよくば人の作ったキャラクターで金まで手に入れようとし、それを解釈違いの一言で解決しようとする者、その取り巻きの存在である。

これを見てからはオタクが経済を回すなど戯言にしか聞こえない。むしろキャラクターに対する印象の破壊によって公式から金を盗んでいると取れるのかもしれない。

100円を大量に握ってゲーセンの緑の自販機に入れてキャラクターへの正しい理解を深めつつ公式様にお金を落としていればこうはなることはなかった。ならなかっただろう。

たまに「ムシキングをやるのが恥ずかしい」などと言う輩もいるが、いや明らかに自分がしていることと矛盾してるだろそれ。

「虫が気持ち悪い」などと言い出す者もいるだろう。

ムシキングというコンテンツはあくまで虫が主役なのである。悪いことは言わないので近づかない方が身のためだ。

 

とまあここまで言ってきたが、ぼくは恐らく日代子ちゃんと会ったのがムシキングでなかったらここまで好きになっていなかった。間違いない。これだけははっきりと伝えたかった。

後に例の言葉を口にした彼は悪気はなく何も考えずに口から出してたという事を知ったので、墓場までネタにはするがあまり怒っちゃいないという意思表示と、神などという陳腐な言葉では言い表せないほどに素晴らしい絵を新ムシキングが終了した今でも描いてくれるしらたき氏、とても丁寧ではきはきとした言葉遣いのキャラクターを見事演じ切って見せた大和田仁美氏に大いなる感謝、畏敬の念を込めてこの記事とした。

 

なおハイドロイドは手に入りました。やったね。4kゲットだぜ。

モダンホライゾンをBG脳で見る〜でも独断と偏見〜

モダンホライゾン。ロンドンマリガン共々少なくともフォロワー内では物議を醸したパックである。

スリヴァーは純粋な力を手にしてモダンで今一度花火をぶちかまそうと仲間を集め、枯れかけていた蔦は再び復讐の牙を得てモダンの環境を壊さんと機を待ち、知り合いのテゼレッテストは「あ^〜 クソが。気が狂う。アラーラのエスパー北でいつもの工匠の兄ちゃんとエーテリウム遊びしてくる」といいアラーラへ逃避してしまった。アーティファクト関連ならウルザは強そう。

ぼくはスポイラーを一通り見た時はコマンダーホライゾンじゃん!!!!ギトラグ強化!!」としか考えてなく、ヌルロアウフ以外は1ずつ買って終わりにしようと思っていた。モダンのBGはあまり得るものが無いと思い込んでいたのである。しかし、先日のプレリで楽しくドラフトで遊びながらカードを見ると、BGは得るものが少なくとも、赤緑や赤黒のカードの中で相応の強化がなされていたことに気がついてしまった。ここでぼくは気がついた。

ジャンドは強くなる

前置きはここまでにして、ここからはBG、またその仲間のジャンドで有用と思われるものを例によって独断と偏見で挙げていきたい。アブザン関連のカード紹介した時に黄色が見にくかったので今回から色は消します。マナコストには絵文字使うけど写ってなかったら教えてください。

溜め込み屋のアウフ 🌳1 

恐るべきヌルロの擬人化。もはや畏怖の対象。ちっこい生物であるため簡単に割られてしまうが相手からしたら割りたい生物だらけのジャンクにとってはボブを護れたorボブ割られた後に出せるという点で鬱陶しい生物が増えるだけでも大きい。

衝撃の足音 (🌳)

コスト0で待機4🌳。サイを並べる。呪文貫き等には強いかもしれない。続唱でめくれると気持ちよくなれそう。

活性の力 🌳🌳2

手札の緑を追放してアーティファクトやエンチャントを2枚割れる。トロンのマイコシンスカーンへの数少ない回答になれるだろうか。またワムコトークン2体を一気にしばける。ピッチしてもアド損はしていない。

呪詛飲み 🌳

レベルアップして大祖始になることを夢見る生物。ソーサリータイミングなので対応して焼かれそう。ハンデスで安全確認してから一気に強くするのが正しいのかもしれない。

新たな芽吹き 🌳1

ご存知アレ。永遠の証人というライバルは生物が残るので流石に採用は難しそう。

絶望の力 💀💀1 

手札の黒いカードを切ってそのターン出てきたクリーチャーを全員破壊するインスタント。BG系は相手ターンに生物を出すことは少ないことや土地をアクティベートして殴ることができたりするため、新しいタイプの全体除去として期待できる。問題点はコツコツ出してくる相手にあまり役割が果たせないところ。打開策としては滅びの方が強そう。虚無を構えてドレッジに撃って追放したら凄まじく気持ちが良さそうだが自分ターンまで待てば滅びが撃てるので奇襲性を活かす使い方が求められそう。

疫病を仕組むもの 💀2 2/2

オレ、ニンゲン、キライ

-1/-1は効き目がそれほどにあるのかよく分からないのが複雑である。生物なので1点以上の全体火力を撃ったら仲良氏してしまう。

発掘 💀

タルモは滅びぬ!何度でも甦るさ!ついでにボブもな!

サイクリングも搭載しているがソーサリーなのでタルモを突然デカくする機会は少なそう。立身出世と違い3コストも戻せるのでトラッカーや下記稲妻の骨精霊を戻すことを視野に入れると面白そう。

稲妻の骨精霊 🔥🔥💀 6/1 速攻トランプル、戦闘ダメージ通ったらブライトニングばりの2ハンデス。代わりにすぐ消える体を張った精霊。 真っ先に投稿者が気になったカード。血編みからドーンと出したら気持ちが良さそう。相手のライフを凄まじい速度で削りライフリソースまで択を迫るジャンドが組める可能性がある。単純に1:2交換以上のものが期待できるのでヴェリアナと共存できるかさえどうにかなれば恐ろしい速さで点と手札を削れそう。なによりコイツはコラコマやラスアナで戻せる

地操術士の計略 🔥2

ソーサリーで土地を寝かせる代わりにキャントリップがついた廃墟。ジャンドのような廃墟を使いにくいデッキでこそ輝けるのかもしれない。

略奪 🔥🔥1

シンプルに土地を焼き始める暴挙。アーティファクトもおまけで狙えるのはポイントが高い。ハンデスなどと併せてジャンドポンザワンチャンあるか?とまではいかずとも、マルパイがむかし溶鉄の雨を降らせてたようにトロフィーや骨精霊、続唱を活かしてテンポを破壊し尽くすことはできるかもしれない。ランデスは最高やで。

悪ふざけ 🔥1

タイムラグがあるが何度も使えるソーサリーグルージ。ドロソがあれば採用できそう。

混沌の辛苦 🔥3

続唱と回顧。以上。トップ勝負に強くなるかと思われたがちあみなどは出せないのが悩みどころ。5コストだったら相当な強さだったかもしれない。ジャンドの墓地は吹っ飛ばされやすい傾向にあるので過剰に期待すると全てが台無しになりそう。

過去の刈り取り 🔥🌳X

なにかできそうでできなさそうなカード。土地も置き尽くした後にこれを引いて回収したの全部フェッチ!とかだったら笑ってしまう。墓地追放してくる相手との共同作業なんて流石にさせてはくれないだろう。

レンと六番 🔥🌳

2マナ最強のPWであるティボルトやジェイスに立ちはだかる新たなライバル。なんとこちらはプラスで手札が増える。ヴェリアナと合わせると宇宙どころの騒ぎではない。1点火力も馬鹿にできたものではなく、サリアを焼ける。フェッチと合わせてマナスクリューを防げるなど、2コス帯期待の新人。

追記、凄まじく強い。フェッチを出して落として戻すだけでジャンドの少しきついマナ基盤が一気に安定する。

 

特にジャンドの強化が大きい。リソースを奪い確保する手段が増えた。発売されたら、ジャンドに戻してみて使用してみたい。

黒緑ランデスで全敗した話

今日意気揚々とショーダウンに行ったぼく。

結果は意気揚々なんてもんではなく死屍累々だった。 全敗である。

見事なまでに粉々にされた。死因は今考えると凄まじい数ある。それを挙げて反面教師としたい。

・マナクリ焼かずに殴ってた

もはや論外。相手がハイドロイド持ってると分かっていながらただほっぽって殴ってた。結果は察する通り。相手がマナクリでランプするようなら全体火力は積んでおかないと危険が危ない。

・探検パッケージというか野茂み歩きの過信

野茂み歩きはご存知アグロ殺しのような能力であるが、トップ勝負だとスペックは控えめ。それを赤単に負けた瞬間に知った。

・フェニックス

スタンでもモダンでもぼくの前に立ち塞がると言うのか。メインでは対処のしようがない狂気の産物。肉議場なんてやってる場合じゃねえぞこれ!!!なんとかして止められる到達持ちを用意したいところ。

・廃墟の闇

プレイングではどうしようもない部分ではあるが、だからこそ避けられない事故。初手土地全部廃墟では本末転倒もいいところである。モダンじゃ起こってなかったことに驚き。

・デッキを過信してた

モダンの弊害。デッキすらあまり知らないのに過信してはいけない。

 

要するになんか全く勝てなかった。誰かスタンを教えてくれ。

5億年ぶりのスタン

レシピ書くでもないけどスタンはじめました。

レシピは大会出たら書くから待ってて。

土地ケチれていい環境ですね

ゴルガリはスタンでも強いそうなのでスタンでもBGジャンクをしていきます。廃墟!トロフィー!草むした墓!

探検パッケージが強いのなんのって!野茂み歩きが非常に有能で、非常においしい

 

あと探検と廃墟の相性の良さに驚きを隠せない。枝渡りで廃墟見つけてクロックどうにかしてる相手の土地をドカーンすると気持ちええんじゃ。

BGジャンクのレシピが載りました的な何か

お久しぶりです。ネタが無くって何書くか考え続けてました。なんかネタくれ。

ところでBGジャンクを使って晴れる屋紅白で4-1だけど初めてデッキがネットに載りました。めでてえ。

デッキレシピは重くなるしありきたりであまり面白みは無いので割愛。強いて言うならサイドにイシュカナを入れたけどあまり活躍する機会は少なかった。見たい人は晴れる屋のどこかに置いてあるから見てね。

対戦結果

1戦目 テゼレッター 2-0 メインボードはリリアナ読み針読みヴラスカでトラッカーと一緒に並べて火力で押し切って勝ち。サイドからはヴラスカ読み針読みリリアナでズタズタにしてからタルモだったり樹上だったりで殴って勝ち。

ソプターコンボが完成してたら命はなかった。怖い。
2戦目 t黒コントロール 2-0
ジェイスやテフェリーが並ぶ前にタルモゴイフを並べて流刑を撃たせて樹上で殴りまくって勝ち。サイド後はニッサを入れて凄まじい勢いで点を取って勝ち。テフェリーとかジェイスに全てをズタズタにされる前に削りきらないと全てが終わるから急がないといけなくて怖かったけど多分これが正解なんだと思った。もしかして黒タッチってケイヤのためだけだったのかな?
3戦目 イゼットフェニックス 2-1
1戦目でトークン戦術をされて除去が追いつかずに負け。2戦目からはハンデスで消耗させた後に打ち消しを引っこ抜いて窒息を置いたら心を折ってくれた。

窒息のおかげで勝った所はある。窒息様々。このマッチアップはドレイクをどう対処するかにかかってくると思う。サイドボーディングが難しいのなんの。
4戦目 カウンタカンパニ 0-2
ハンデスでパッパラ落としたり盤面に出てきたヤツ割りまくったけどトラッカーからの凄まじい引きに圧倒されて惨敗。サーチが多くてトップ勝負でも勝てる気がしなくなってきた。

プレイングミスをどうにかできれば抵抗の1つはできたかもしれない。く〝や〝し〝い〝。
5戦目 2-0
セオリー通りハンデスと除去を徹底してWリリアナを投げたら投了。2戦目も同様。

Wリリアナの支配力を再認識。人間は一人残さず狩り尽くさないとこちらが死に至るから怖い。

どうでもいいけど人間人間書いてると入間に見えない?

 

ご 覧 の 通 り だ

今回気になったところはカンパニーへの立ち回りが正しいのかどうかとコントロール系はサイド後からサージカルを積んでいたこと。

サージカルでハンデス落とされまくったけど素のカードパワーがこちらより高いからハンデスをどうにかすれば勝てるって意図なんだろうか。

分かったことはコントロール相手へのニッサはパスが効かない恐ろしい生物になること。紋章も得られれば相当有利になること請け合い。大会の後イシュカナ変えて2積んだけど2枚目はニクシリスの方がいいのかは分からん。

 

次回、「ヴァンガード初めてみた」or「モダンホライゾンから見るジャンクの進化〜ジャンドへの回帰〜」でお会いしましょう。

じゃん!けん!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

\✌/

ぽん!

面白そうなネタあったらください。

EDH 最凶のハイドラ統率者<<死体起こし、ジャイラス>>

ギトラグの怪物なるクリーチャーを使い殺意を振りまきながらEDHを愉しんでいたぼく。

ぼく「はぁ^〜 ジャンドカラーで土地をぐるぐる使えるやつ出てこねえかな^〜 」

ウィザーズ「新しい統率者は3色の友好色!ジャンドカラーは土地を使うウィンドグレイス卿だ!」

ぼく「はぇ^〜 すっごい・・・・なんだこのセット!?蜘蛛に土地にハイドラ!?やっぱりウィザーズはぼくの性癖を理解しているってはっきりわかんだね」

当然のごとく購入。この時早とちりして相性の良さそうなカードを買った結果中身と被ったのは言うまでもない。

コンセプトがとてもしっかりしており、範囲の広い除去を行い相手を縛りながら統率者を護り抜き統率者がランプ戦術を徹底して行い強大な生物を展開してゆく、実にジャンドカラーのデッキと言った具合であった。統率者も準統率者も戦略通りに長期戦向けの内容となっており、ウィンドグレイス卿は墓地肥やしとデッキ回転、土地展開、戦況掌握を単体で行い、タンティスはそんなウィンドグレイスやプレイヤーに対する火の粉を精巧に振り払い相手を翻弄する壁となり、ジャイラスはなんだお前!?!?!?!?釣り上げたらすぐ死ぬのにでかいだけやんけ!

さて、今回はそんなジャイラスを軸に構築する記事である。

こうなった理由としては、ぼくの中のハイドラ観がジャイラスと一致したためである。

さて、ここでぼくのハイドラ観を説明しましょう。

〜〜

ハイドラは多くの頭を持つ怪物である。ネプチューンの下僕という説やその一個体だけを指してハイドラと言うこともあるそうだが、ぼくの中では単に多くの頭を持つ怪物とする。1つの頭だったが切られて再生し多くの頭となるものもいる。

・ハイドラは多くの頭を持っているが、かけがえのない個である。個であり多であるのである。ハイドラは差別的ではなく、むしろ自分を除く全ての生物に対して平等である。餌という意味で。

・ハイドラは、不屈の精神の体現である。首をひとつ切られたら、首を増やして立ち向かう。ぼくはこの不屈の精神に強く心を打たれた。

・ハイドラは、飽くなき欲望の象徴である。無限大に増え続ける欲望そのもの。

〜〜

細かい話を抜きにすると、ハイドラは多くの頭でありながら力強い個であり、己の欲のために首を切られようが餌を喰らい尽くす不屈の精神の体現である。

さて、統率者のルールを確認して欲しい。統率者は場を離れたら統率者領域に戻すことができるが、そうする度に統率者領域から唱える時は2コスト多くマナを支払う必要がある。つまり、連打するなら工夫がいる。

ジャイラスのマナコストは黒X。また、払ったマナの数だけ+1/+1カウンターを置かれて場に出る。要するに、X=0なら3つ置かれる。統率者領域に戻る度に2余計に払う必要があるが、+1/+1カウンターは結果として2ずつ増えていく。フレーバー的にはハイドラが首を増やして再び現れるのである。さながら何度首を切られても首を増やし蘇るハイドラのよう。マナさえあれば不屈の精神で何度でも立ち上がりいずれ全てを越える。終わりはない。チラチラはある

そしてジャイラスはそれでは飽き足らずなんと戦いの中で死んでいった者を糧とし自らの首のように使役する。

ジャイラスは首を増やしただ獲物を喰らうのみ。プレイヤーに恵みを与える訳でもない。個である。

ぼくはこのジャイラスが尋常ではないほど性癖に刺さり、「こんなん使うしかないだろ!!!!」と叫びながら構築済み統率者では微妙な立ち位置のジャイラスを活かすべくジャイラスを統率者とした構築を作ることとした。統率者は強い奴ではなくノリのいい奴が勝つのである。中身を全部挙げるとキリがないので、うまいこと容量食わずに上げる方法を教えてください。

戦略としては、2ターン目までにランパンかマナクリ、もしくは硬化した鱗などのカウンター増加置物を唱えて3ターン目に4/4のジャイラスを出して殴る。その後はサクり台などで落とした生物をジャイラスで徹底して釣り上げたい。この時も墓地に落とす手段はできるだけ生物のcipが良い。なお、序盤はあまり落ちないのでできたらいいな程度の認識である。4/4で積極的に統率者ダメージを危ないものを置いた相手優先で殴ることが重要。相手からしたら4/4が突っ立ってるだけという状況は痛手でもなんでもないので正直あまり生物は無理をして落とさなくても良い。様子を見つつ土地を貯めましょう。

後半戦は全体除去でマナファクトなどを破壊してから首の増えた巨大なジャイラスを唱えて強力なリア二、倍増系エンチャントも絡めて圧倒的な火力で喰らい尽くす!できたらいいなあ

個別カードはジャイラスを統率者に据えることにより入るキーパーソンに絞ります。基本的にcip持ちやダメージ誘発のやつは相性がいいと思います。特に能力が強いがステータスは低い生物などは特に良い。呼び出すのはトークンなのでチラチラさせたら帰ってこないのも注意。あくまで資源である。

残虐の達人 赤黒3

カーリアと相性の良い御仁。ジャイラスもまた相性が良い。というかジャイラスを使うときにはこいつを入れざるを得ない。問題点はやはり手札で腐る点。cipがあるわけでもなく凄まじく邪魔。

永遠の災い魔 3

追放領域からも唱えられるのでジャイラスで釣り上げた後も何度も呼び出せる便利なやつ。最初4/4でジャイラスを出したい理由の一つ。

凶兆艦隊の荒廃者 3黒黒

cipで割と多めのライフを減らせる。スペックも高く、威迫が光る。

憤怒 3

墓地にいて山があれば全員に速攻付与。ジャイラスに速攻を場以外の方法で付与できることが重要。

豪腕 3

憤怒と同様。

感想

やることが多すぎて100じゃ足りない。ジャイラス自身は耐性なしのほぼバニラなので速攻やトランプルを付与できないとチャンプで止められる。今後の課題はジャイラスの攻撃をどのように動きを阻害せずに通すかである。

歯と爪「俺たち最強!」

トリスケリオン「ジョー!」

ミケウス「デッキー!」